情報収集なら!結婚相談所の種類の1つ「データマッチング型」とは

結婚相談所には、それぞれの会社によって受けられるサービスの違いがあります。中でも、オーネットやノッツェ、ツヴァイ、そしてサンマリエといったような支社を全国に持つ、いわゆる大手企業の結婚相談所というのは、データマッチング(結婚情報サービス)型というサービスをおこなっている会社です。新聞や雑誌などの広告でも目にすることが多く、詳しい内容を知らなくても一度は会社名を耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

こういったデータマッチング型の結婚相談所のシステムは、まずは入会時に自分のプロフィール、そして希望する結婚相手の条件をコンピューターにデータとして登録します。そして、お互いそれぞれの条件に合う相手がヒットすれば、まずは何人程度いるのかを知らせてもらえます。その中からご自身が気に入った相手に対して結婚相談所を介して連絡を入れて、相手から良いお返事がもらえればその後相手のさらに詳しい情報を知ることが出来、メールや電話で実際に連絡を取り合うことになるのです。
そうして徐々に仲を深めていき、直接会うことにつながれば、もしかするとその相手と結婚のチャンスが巡ってくるかも知れません。

ここで気をつけて頂きたいのが、こういったデータマッチング型ですと提供されるサービスはあくまでも異性の情報を受け取るということだけであり、その後アドバイザーが間に入ってデートやお見合いなどのセッティングをしてくれるわけではないということです。